MENU

利用規約 Regulations

(目的) / Article 1 (Purpose)

第1 京都大学生涯メールサービス(以下「本サービス」といいます。)は、国立大学法人京都大学(以下「本学」といいます。)が、第2で定める利用者を対象として生涯メールアドレスを発行することにより、本学と利用者の情報交換及び利用者相互の交流の機会を提供することを目的とします。

2 本学は、京都大学生涯メールサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)に基づき本サービスを提供します。

3 「京都大学生涯メールサービス」プライバシーポリシー、京都大学における個人情報の保護に関する規程、その他本サービス内において別途掲示する個別規程等は、本規約の一部を構成するものとします。

Lifelong email service, Kyoto University(hereinafter "this service") aims to provide users defined by Article2 the chance for sharing information and interchanging between Kyoto University by issuing lifelong email address.

(利用者) / Article 2 (Users)

第2 本サービスは、次の各号に掲げる者に限り、利用資格を有します。

 (1) 本学の卒業生・修了生、正規の課程に在籍した者又は在籍する者

 (2) 役員として在籍した者又は在籍する者

 (3) 常勤の教職員(外国人教師就業規則及び招へい研究員就業規則適用者を除く)として在籍した者又は在籍するもの

2 前項で定めた利用者資格を有する者のうち、本サービス本学所定の登録手続を経て、本学より利用を許可された者を本サービスの利用者(以下「利用者」といいます。)とします。

The users of this service are limited to users who are defined by followings and they are entitled to use this service.

 (1) Alumni who used to be enrolled or who is enrolled in the regular course

 (2) Faculty who is registered or who used to be registered as an executive

 (3) Full-time faculty and staff, except for visiting lecture and guest research scholar, who is registered or who used to be registered

2. Predecessor those who had completed their registration and had been allowed to use are users of this service (hereinafter "users").

(規約の遵守) / Article 3 (Observing the regulations)

第3 本規約は、本サービスに関して、本学と利用者との間に適用されます。利用者は、本サービスの利用にあたっては、本規約を遵守する義務を負います。

2 利用者が本規約に違反した場合、利用者に事前に通知することなく、既存の登録の抹消を含む然るべき措置をとることがあります。

This regulations are applied to this university and users in this service.In using this service, users should bear their responsibilities for observing the regulations.

2. There might be the case that their registration will be deleted without any notice if users violate the regulations.

(サービスの内容) / Article 4 (Contents of the service)

第4 利用者には、「XXX@kyoto-u.jp」の生涯メールアドレス(転送専用)を付与します。

The lifelong email address(exclusive for forwarding)." 〇○○@kyoto-u.jp", will be given to users.

(本学からの情報提供等) / Article 5 (Information sharing from this university)

第5 本学は、本サービスにより、次の各号に掲げるコンテンツを利用者にお送りします。

 (1) 本学に関するお知らせ

 (2) 京都大学同窓会(その会員である団体を含む。以下同じ。)活動支援のための情報

 (3) 本サービスに関するお知らせ

 (4) その他本学の業務の向上や改善のため、本学が必要と認めたアンケート等

This university will send the following contents to users by this service.

 (1) News of this university

 (2) Information for supporting activity of reunion.

 (3) News about this service

 (4) Others(Questionnaire needed for the improvement and enhancing business performance)

(利用料金) / Article 6 (Fee)

第6 本サービスの利用は無料ですが、利用に際しての通信料等は利用者の負担となります。

This service is free service, however, communication fee for use will be charged.

(知的財産権) / Article 7 (Intellectual Property rights)

第7 本サービスに関する一切の権利は、本学に帰属します。本サービスの内容を無断転載・複写・修正・改変し、又は第三者に譲渡することを禁じます。

All rights of this service belong to this university and all rights reserved. No copying, no amendment, no modification, no transfer is permitted.

(禁止事項) / Article 8 (Prohibited matters)

第8 利用者が本サービスを利用するにあたっては、次の行為を禁止します。

 (1) 本サービスを営利目的・宗教活動又は政治活動のために利用する行為

 (2) 他人の財産権、プライバシーその他の権利を侵害する等の行為又は侵害するおそれのある行為

 (3) 誹謗、中傷、その他公序良俗に反する目的のために利用する行為又はそのおそれがある行為

 (4) 他人の個人情報を無断で公開する行為

 (5) 他人になりすます行為(他人になりすまして本サービスに登録する行為を含む。)

 (6) 犯罪行為、犯罪行為に結びつく行為若しくはこれを助長する行為又はそのおそれがある行為

 (7) 本サービスに支障をきたすおそれのある行為及び本学が不適切と判断する行為

 (8) その他法令に違反する行為、及び法令違反に結びつく行為

In using this service, users are not allowed to do the following.

 (1) To use this service for commercial purpose and for religious activity or political activity.

 (2) To violate other's property, privacy and other rights.

 (3) To use this service for the purpose of abusing, slander and others such as violation of public order and morality.

 (4) To publish other's personal information without permission

 (5) Identity fraud

 (6) Criminal action, the action which causes crime, or the action which help to commit crime etc.

 (7) The action to cause trouble in this service and the action which this university judges inappropriate.

 (8) Others such as to violate the compliance and the action connected to the violation of compliance.

(利用者の責任) / Article 9 (User's responsibility)

第9 利用者はパスワードの保管及び取扱いについては、各自で適切な措置を講じるものとし、第三者に使用させたり、譲渡、貸与、又は担保に供する等の行為をしてはならないものとします。

2 本学は、パスワードが第三者によって悪用された場合に生じる不利益又は損害について、一切責任を負いません。

3 転送先メールアドレスに変更があった場合は、利用者本人によりその都度新しいメールアドレスへの変更登録を行うものとします。利用者の転送先メールアドレスへの送信が長期間、不能になった場合、既存の登録を抹消することがあります。

1. For the protection and usage of password, each users has to take measures. No action such as to let others use them, no action such as to give nor lend nor to give as security is permitted.

2. This university is not responsible for the damage or disadvantage caused by other's misuse of password by others.

3, In changing forwarding email address, users should perform the change of registration every time. There might be the case that the registration will be deleted if the email isn't sent to the forwarding email address for a long time.

(サービスの中断・終了) / Article 10 (Interruption or termination of the service)

第10 本学は、本サービスの一部又はすべてのサービスをいつでも任意の理由で中断又は終了することができるものとします。

2 本学は、前項に基づく本サービスの中断又は終了によって利用者又は第三者が被った損害について、一切の責任を負わないものとします。

This university can interrupt or terminate some or all of this service for reasons at any time.

2 This university is not responsible for the damage by the interruption or termination of this service based on the preceding clause.

(規約の変更) / Article 11 (Change of regulations)

第11 利用者が本サービスの登録申請を行った時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなします。

2 本規約が変更された場合であって、利用者が本規約の変更の効力が生じた後も本サービスの利用を継続する場合、利用者は、変更後の本規約に同意したものとみなします。

This university is subject to change the contents of this regulations without advanced notice.

2 The changed regulations prescribed in the preceding clause will become effective after posting the regulations in this service.

3 This university is not responsible for the damage by the change of the service prescribed in the preceding clause.

(規約の承諾) / Article 12 (Agreement of the regulations)

第12 利用者が本サービスの利用を開始したときは、本規約の内容を承諾したものとみなします。また、本規約が変更されたときも、同様とします。

When users registered for using this service , they will be regarded that they agreed with the content of this regulations.

2. In case users continue using this service after the regulations are changed and posted in this service, users are regarded to agree with the contents of the regulations.

(統計情報の公開) / Article 13 (Publishing the Statistics)

第13 本サービスに関わる登録者数等の統計情報は、本学が必要と判断した場合、これを公開することができるものとします。

Statistics such as the number of enrollment in this service can be published if judged to be needed.

(損害賠償) / Article 14 (Compensation)

第14 本学は、利用者及び第三者が本規約又は法令に違反して本サービスを利用することにより、本学に損害を与えた場合、その者及びこれに関与した者に対してその一切の損害(弁護士費用等を含む。)の賠償を請求するものとします。

This university will claim for damages(including legal fee) to users or to the related person if they caused damages by violating the regulations or compliance in using this service.

(個人情報保護) / Article 15 (Protection of personal information)

第15 利用者の個人情報については、京都大学における個人情報の保護に関する規程、「京都大学生涯メールサービス」プライバシーポリシー等に則り取り扱います。

For user's personal information, it will be protected by the regulation of protection for personal information in Kyoto University and "Kyoto University lifelong mail service" privacy policy etc.

(京都大学同窓会への情報提供) / Article 16 (Provision of Information to Kyoto University reunion)

第16 本学は京都大学同窓会へ利用者の個人情報(氏名、メールアドレス等)を提供することがあります。

This university is subject to provide the user's personal information (name, mail address etc) to Reunion in Kyoto University.

(免責事項) / Article 17 (Exemption)<